【電力会社】おすすめ人気ランキング【各社の評判を比較】

2016年の電力自由化以降、様々な会社が一般家庭に電力の小売りを始めました。消費者として電力会社の選択肢が増えることは非常に喜ばしいことなのですが・・・一方でこれだけ電力会社があると「どこが安いんだろう?」と悩んでしまいますよね。

そこで今回は数ある電力会社の中から、人気が高い会社を厳選!ランキング形式で見やすくまとめてみました!

電力会社選びで迷っている人は、この記事をぜひ参考にしてみてくださいね。後半では電力会社を選ぶポイントなども紹介しますよ。

おすすめ電力会社ランキング

さっそくおすすめの電力会社を紹介していきましょう。家族構成・エリア別に料金シミュレーションした結果も掲載していますので、切り替えでどのくらい安くなるのかも分かりやすいと思いますよ。

シミュレーションについて

各社公式サイトのシミュレーションを使用し、「1人暮らし=1月:290kWh/30A」「2人世帯=1月:500kwh/40A」「3人以上=1月:600kwh/50A」で算出しています。

Looopでんき

looopでんき

【電力提供エリア】

北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州

Looopでんきの特徴
  • 基本料金0円+従量料金一律でシンプル
  • ガスとのセット割あり(関東限定)
  • 解約金・違約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道-5389円-16242円-24617円
東北+804円-5446円-12354円
関東-1014円-9403円-16814円
中部-1477円-6647円-12073円
北陸-4329円-10120円-15075円
関西-1961円-12865円-19438円
中国+809円-7827円-12778円
四国+111円-9194円-15014円
九州-1686円-8088円-14190円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)

基本料金0円+従量料金一律で人気なのが「Looopでんき」です。

従来であれば毎月300~1,700円/月ほどの支払いが必要だった基本料金を撤廃し、電気を使った分だけ電気代がかかるという、非常にシンプルな料金プランを採用しています。

今までは電気代の計算と言えばシミュレーターが必須レベルでしたが、Looopでんきなら「エリアごとの電気単価×使った分(kWh)」でおおむねの電気代を計算できるのですから、ある意味で革命ですよね。

関東エリアに限られますが、ガスとのセット割も用意されています。セットで電気使用料金が2%割引されますよ。

ゆかりちゃん

Looopでんきは2018年末に契約15万件を突破した人気の新電力なのよ。今回みたいなランキングでは、かなり高確率で上位にランクインするんだから!
基本料金0円だから別荘や空き家の契約にも最適なんだよね。電気をほとんど使わない場所はLooopでんきに切り替えて節約!

とおるくん

あしたでんき

あしたでんき

【電力提供エリア】

東北・関東・中部・関西・中国・九州

あしたでんきの特徴
  • 基本料金0円+従量料金一律でシンプル
  • 大家族向けのプランも用意
  • 違約金・解約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
東北-454円-9550円-17050円
関東-2291円-13779円-22061円
中部-2576円-11046円-17351円
関西-3366円-15749円-22902円
中国-530円-10199円-15542円
九州-2773円-8572円-14335円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)

これまた基本料金0円+従量料金一律で人気なのが「あしたでんき」です。

「あしたでんき」と聞いてもピンとこないかもしれませんが、実は東京電力ホールディングスが設立したTRENDE株式会社が運営する新電力。

先ほど紹介した「Looopでんき」とそっくりの料金体系ながら、あしたでんきの方が安価なことから、こちらに切り替える方も多いとか。

なお、あしたでんきでは基本料金が3,000円かかるものの、電気の単価が安い大家族向けのプランも提供しています。

ゆかりちゃん

大家族向けの「たっぷりプラン」は、月700kWh以上の電気を使う家庭におすすめよ。
あしたでんきも標準プランなら基本料金0円だから、別荘や空き家の切り替え先としても優秀じゃないかな。

とおるくん

エルピオでんき

エルピオでんき

【電力提供エリア】

東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州

エルピオでんきの特徴
  • 豊富な料金プラン(関東エリア)
  • ガスとのセット割引あり
  • 1965年設立のガス会社が運営
  • 違約金・解約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
東北+729円-12475円-19988円
関東-6762円-18359円-24201円
中部-997円-11871円-17781円
関西-2931円-16900円-24599円
中国-2021円-14390円-20916円
四国-1509円-14425円-21549円
九州-3114円-12497円-19481円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)

1965年に設立された株式会社エルピオが提供するのが「エルピオでんき」です。電力自由化でガス会社が電力事業に参入することが増えましたが、エルピオでんきもそのひとつですね。

料金プランはエリアごとに異なり、特に関東エリアにおいては非常に豊富なプランを用意。オール電化向けプランまでしっかり提供しています。

他のエリアについてはプラン数が減ってしまうものの、切り替えで年間2万円以上の節約になることも!

業界トップクラスの安さと言われることもある会社ですので、ぜひ1度、料金シミュレーションを試してみてほしいところです。

ゆかりちゃん

エルピオでんきではガスとのセット割を用意してるけど、別にガスとの併用は必須じゃないのよ。電気だけの契約もできるんだから。
それでいて、ガスとセットにしなくても大幅な節約ができたりするんだよね!

とおるくん

親指でんき

親指でんき

【電力提供エリア】

北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州

親指でんきの特徴
  • 基本料金0円+従量料金一律でシンプル
  • 夜間の電気代が安いプランあり
  • ペットのいる家族向けのプランあり
  • 違約金・解約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道-5180円-15788-23984円
東北+1017円-5175円-11692円
関東-772円-8885円-16097円
中部-1218円-6147円-11402円
関西-1901円-12628円-19091円
中国+943円-7452円-12268円
四国+1195円-7893円-13581円
九州-1567円-7817円-13785円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)

「初期費用0円」「基本料金0円」「解約手数料0円」「切り替えのリスク0」といった、4つの0(ゼロ)を実現したのが「親指でんき」です。

基本料金0円+従量料金一律の料金プランは、毎月の基本料金に悩む方に最適。別荘や空き家の切り替え先としても優秀ですよ。

また、親指でんきでは「ゲームプラン(夜間の電気代が安いプラン)」や「わんにゃんプラン+(ペットに関する特典付きのプラン)」といったプランも用意しています。

自らのライフスタイルに合わせて最適なプランを選択できるのが嬉しいですよね。

ゆかりちゃん

ちなみに「わんにゃんプラン+」はペットを飼ってることが条件だけど、熱帯魚とかでもいいみたいよ。基本的に種類は問わないんだって。
ゲームプランはゲームをやる人・・・ってよりは21時以降に電気をたくさん使う人向けって感じかな。21時を境に電気代が翌5時59分まで安くなるんだ。

とおるくん

楽天でんき

楽天でんき

【電力提供エリア】

北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄

楽天でんきの特徴
  • 基本料金0円+従量料金一律でシンプル
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える
  • 全国対応
  • 違約金・解約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道-4868円-12681円-19742円
東北-336円-5351円-11293円
関東-1760円-9712円-17009円
中部-2471円-7002円-12160円
北陸-3248円-7209円-11094円
関西-1536円-10786円-16568円
中国+1171円-6295円-10661円
四国+279円-7298円-12495円
九州-2394円-8210円-14123円
沖縄-1781円-11375円-16709円

※楽天スーパーポイントを含む実質の年間お得額(公式サイトの料金シミュレーションの結果)
※楽天カードでの支払いを前提、キャンペーンの2,000ポイントは含まない

「楽天でんき」は、楽天市場で有名な楽天の新電力。料金体系は流行の基本料金0円+従量料金一律のシンプルなものを採用しています。

また、電気料金の支払いで楽天スーパーポイントが貯まります。貯まるポイントは通常200円につき1ポイントですが、楽天カードの支払いであれば、追加で100円につき1ポイントが付与。つまりは実質的に200円につき3ポイントも貯まるわけです。

もちろん貯まったポイントは楽天でんきの支払いに利用できますので、ポイントを無駄にしてしまうこともないでしょう。何気に北海道から沖縄まで全国対応してるのも嬉しいですね。

ゆかりちゃん

楽天市場のお買い物で貯まったポイントを使えるのも魅力的なのよね。期間限定ポイントも使えるんだから。
新規加入することでで2000ポイントも楽天ポイントが貰えるキャンペーンをやってるのも良いよね!

とおるくん

東京ガスの電気

東京ガスの電気

【電力提供エリア】

関東

東京ガスの電気の特徴
  • 平均電気代に合わせた2つのプラン
  • ガス・ネットとのセット割あり
  • パッチョポイントが貯まる
エリア1人世帯2人世帯3人以上
関東-3185円-13312円-18030円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)
※東京ガスのガスとセット契約
※パッチョポイントを含む実質お得額

「東京ガスの電気」は、東京ガスが提供する新電力ですね。

月の平均電気代が7,000円以上の方向けの「ファミリーセレクト」。月の平均電気代が7,000円未満の方向けの「スマートセレクト」。といった2つのプランを用意しています。

電気料金プランが少ない会社だと、1人暮らしで電気使用量が少ない人は逆に電気代が高くなってしまうことも珍しくありませんが、東京ガスの電気なら電気使用量が少ない方も確実に節約できるんですよ。

ガスはもちろんのこと、インターネットとのセット割もあり、年間1,200~3,800の割引を受けられます。さらに電気代の支払い額に応じて、dポイントや楽天スーパーポイント等と交換できる「パッチョポイント」が貯まります。

ゆかりちゃん

パッチョポイントは電気代1,000円につき15ポイント貯まるわよ。他社のポイントサービスと比較しても悪くないと思うわ。
ただ関東エリアでしか利用できないのが弱点かな。今後のエリア拡大に期待!

とおるくん

ENEOSでんき

エネオスでんき

【電力提供エリア】

東北・関東・中部・関西

ENEOSでんきの特徴
  • 電気を多く使う家庭ほどお得になる
  • 2年契約による割引あり
  • ガソリン割引・ポイント付与あり
エリア1人世帯2人世帯3人以上
東北-1525円-4010円-5608円
関東-2772円-8562円-11569円
中部-1495円-3908円-5558円
関西-2999円-7066円-9277円
※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)
※2年契約を前提としたもの

ENEOSでんきでは、電気を使う家庭ほど切り替えでお得になる料金プランを採用しています。そのため3人家族や4人家族で大量に電気を使う家庭であれば、切り替えで大きな恩恵を受けられるでしょう。

また電力会社としては珍しく2年契約が存在します。もちろん必須ではありませんが、2年の継続を前提に契約することで電気の単価が0.2円/kWh割引になります。

さらに3年目以降は割引額が0.3円/kWhにパワーアップ。継続して使う方ほどお得に利用できるわけですね。

他にもガソリン割引・ポイント優待・付与などの特典があります。電気代が安いだけでなく、特典面でも優れた電力会社と言えそうです。

ゆかりちゃん

2年契約の場合は途中解約で1,100円の違約金がかかるけど、普通の契約なら違約金・解約金はかからないわよ。
違約金1,100円ってそこまで大きくないけど、割引も0.2~0.3円/kWhだから、本当に2年以上利用するか考えてから契約した方がいいかな。

とおるくん

自然電力のでんき

自然電力のでんき

【電力提供エリア】

北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州

自然電力のでんきの特徴
  • 市場価格連動型を採用
  • 実質自然エネルギー100%の電気
  • 沖縄県を除く電力エリアに対応
  • 違約金・解約金なし
エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道+1282円-6439円-12420円
東北+2462円-2920円-8487円
関東-110円-9784円-16923円
中部-3836円-11717円-17846円
北陸-3794円-10670円-15431円
関西-4806円-20367円-28917円
中国-4742円-18285円-25662円
四国-6140円-23859円-33132円
九州-3715円-13177円-19953円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)
※「平日の昼間に家にいない」「週末の昼間に時々いる」を選択

「市場価格連動型」という珍しい料金体系を採用しているのが「自然電力のでんき」です。

市場価格連動型とは、電気の市場価格によって実際にかかる電気代が異なるというもの。そのため1kWhあたりの価格が変動していきます。

上記に掲載した料金シミュレーションの結果は直近のデータを元にしたもので、タイミングによっては上記とお得額が大幅に異なる可能性もあるわけですね。

そんな自然電力のでんきの魅力は、非化石証書(再エネ指定)を利用して、実質的に自然エネルギー100%を実現していること。環境へ配慮した新電力を選びたい方におすすめです。

ゆかりちゃん

自然エネルギー100%のプランだけじゃなく、価格を重視した自然エネルギー30%のプランもあるのよ。
エコも大事だけど、やっぱり電気料金も気になる…って人は、30%プランを選ぶといいかも!

とおるくん

ソフトバンク「おうちでんき」

おうちでんき

電力提供エリア

北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・沖縄

ソフトバンク「おうちでんき」の特徴
  • 従量料金(電気の単価)が1%割引
  • ソフトバンクの回線1つにつき100円割引
  • ワイモバイルの回線1つにつき100円割引
エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道-3862円-7584円-10747円
東北-3598円-7128円-10207円
関東-3812円-8709円-12133円
中部-3929円-7650円-10830円
関西-3744円-7406円-10572円
中国-4094円-8057円-11337円
四国-3588円-8210円-11539円
沖縄-4761円-9212円-12712円

※2年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)(3年目以降は回線の割引額が異なるためお得目安額も異なります)
※「1人暮らし=ソフトバンク1回線契約」「2人世帯=2回線契約」「3人以上=3回線契約」で算出

ソフトバンク「おうちでんき」なら、ソフトバンク・ワイモバイルのスマホやインターネット回線など1つにつき、毎月100円割引を受けられます(3年目以降は50円割引)。

つまり、家族でソフトバンクやワイモバイルのスマホを利用していれば毎月300円、400円の割引になることも。最大10回線まで適用されるため、大家族の方も安心ですよ。

また、料金プランは従来のものから電気の単価を1%割引したシンプルなもの。ようは誰でも1%割引の恩恵を受けられるため、電気使用量が少ない方も切り替えでお得になります。

ゆかりちゃん

誰でも1%の割引を受けられるけど、1%割引だけだと他社の価格に劣るのよね。やっぱりスマホやインターネットとセットにしてこその電力会社だと思うわ。
ソフトバク(Softbank)もしくはワイモバイル(Y!mobile)ユーザー向けなんだね。

とおるくん

J:COM電力

jcomでんき

【電力提供エリア】

関東・関西・福岡・熊本・大分・下関・札幌・仙台

※J:COMのサービスエリア内

J:COM電力の特徴
  • 電気使用料が最大で10%割引
  • J:COMのサービスとセットでお得
  • オール電化向けプランあり
  • 契約世帯数50万件突破
エリア1人世帯2人世帯3人以上
札幌-603円-4480円-7310円
仙台-403円-3254円-5688円
関東-425円-3402円-5943円
関西-403円-3259円-5693円
下関-371円-2915円-5082円
九州-424円-3320円-5778円

※年間のお得金額目安(公式サイトの料金シミュレーションの結果)

ケーブルテレビなどで知られるJ:COMの新電力が「J:COM電力」です。

電気を使えば使うほどお得になる料金プランで、最大、電気使用料が10%割引になります。また、J:COMのテレビやインターネットとセットにすることで最大総額12,000円の割引を受けられることも!

新電力会社としては珍しくオール電化向けのプランも用意しているため、オール電化の方にもおすすめです。

ゆかりちゃん

J:COM電力は契約世帯数も50万件を超える利用者の多い新電力よ。ただ、プランによっては途中解約で数万円の違約金がかかったりするみたい。契約前には条件をしっかり確認しておきたいわね。
それと加入時に事務手数料として3,000円がかかるんだ。それを支払ってなお、お得になるか料金シミュレーションしておこうね。

とおるくん

エリア別!最もお得な電力会社

今回紹介した電力会社の公式料金シミュレーションを元に、エリア・家族構成ごとの最もお得になる電力会社をまとめてみました。

エリア1人世帯2人世帯3人以上
北海道Looop
-5389円
Looop
-16242円
Looop
-24617円
東北Softbank
-3598円
エルピオ
-12475円
エルピオ
-19988円
関東エルピオ
-6762円
エルピオ
-18359円
エルピオ
-24201円
中部あした
-2576円
エルピオ
-11871円
エルピオ
-17781円
北陸Looop
-4329円
Looop
-10120円
Looop
-15075円
関西Softbank
-3744円
エルピオ
-16900円
エルピオ
-24599円
中国Softbank
-4094円
エルピオ
-14390円
エルピオ
-20916円
四国Softbank
-3588円
エルピオ
-14425円
エルピオ
-21549円
九州エルピオ
-3114円
エルピオ
-12497円
エルピオ
-19481円
沖縄Softbank
-4761円
楽天
-11375
楽天
-16709円

※「1人暮らし=1月:290kWh/30A」「2人世帯=1月:500kwh/40A」「3人以上=1月:600kwh/50A」
※Softbank=ソフトバンク「おうちでんき」
※「自然電力のでんき」は市場価格で電気代が変わるため、今回は除外しています。

料金シミュレーションによってセット割が適用されていたり、ポイントも含むお得額になっているため、絶対に上記の通りにお得とは言えないのですが、とにかく「エルピオでんき」が強いですね。

エルピオでんきがカバーしているエリアにおいては、ほぼほぼエルピオでんきが最安となっています。

またスマホ・インターネットの契約回線1つにつき100円/月の固定割引が受けられるため、1人暮らしにおいてはソフトバンク「おうちでんき」も優秀です(1人暮らしは1回線契約として試算しています)。

ゆかりちゃん

さすがは業界トップクラスの安さと言われるだけあって、エルピオでんきは優秀だね!
ただ北海道・北陸・沖縄エリアはカバーできてないのよね。そのあたりのエリアはLooopが強いみたい。

とおるくん

電力会社を選ぶ時の比較ポイント!

ここからは電力会社を選ぶ際、ぜひ比較してほしいポイントを紹介します。

電気料金

電気代が安くなるからこそ新しい電力会社に切り替えるわけですよね。そのため電気料金は入念に比較しましょう。

今回は各電力会社の項目で電力エリア・家族構成別のお得額目安を掲載していますので、そちらを参考にしていただけるとありがたいですね。また、上記で紹介した電力エリア・家族構成ごとの最安電力会社も確認してみてください。

ゆかりちゃん

この記事に掲載した料金シミュレーションの結果も役に立つと思うけど、同じ1人暮らしや2人世帯でも電気使用量って違うから、自宅の検針票(電気の明細)をもとにした料金シミュレーションも忘れずにね!

セット割・ポイント

ガス・インターネット・スマホ等と電気をセットにすることでお得になる仕組みを設けている電力会社も少なくありません。場合によってはセット割として月に1,000円以上の割引を受けられることもありますので、これも確認しておきましょう。

またセット割だけでなくポイントも確認しておきたいですね。今回紹介した中だと「楽天でんき」「東京ガスの電気」などはポイント制度を採用していて、電気代の支払いに応じてポイントが貯まっていきます。

とおるくん

ポイントも含めた「実質のお得額」で他社と比較するのもありだよ!
あとはポイントの使い道のチェックも忘れずにね。いくらポイントが貯まっても使いにくいものじゃ意味がないわ。

ゆかりちゃん

違約金・解約金

ほとんどの会社は違約金・解約金を設けていませんが、中には契約期間中の解約などで違約金を取る電力会社もあります。

「思ったほど節約できなかった」「あまり電気を使わなくなった」などの理由で他社へ切り替えたいと考えるタイミングもあるかと思われますので、できれば違約金・解約金のない会社を選びたいですね。

なお、通常は違約金・解約金が無いものの、インターネット等とセットにすることで違約金・解約金が発生するケースもあります。セット契約の際はしっかり条件を確認しておきましょう。

支払い方法

大手通販サイトに慣れていると、クレジットカード・口座振替・コンビニ払い・キャリア決済などなど。豊富な支払い方法があって当たり前と考えてしまうかもしれません。

しかし、新電力会社でそこまで支払い方法が豊富な会社はそうありません。多くはクレジットカードのみ。またはクレジットカード・口座振替、といった感じです。

基本的にクレジットカードを持っていれば問題ないのですが、所持していないのであれば支払い方法も確認しておきましょう。

マイページの機能

多くの電力会社では電気使用量・電気料金等が確認できる「マイページ」を用意しています。

「30分毎の電気使用量を確認できるか?」「デザインは見にくくないか?」などマイページの機能も確認しておきたいですね。中にはデータの更新が遅かったりと評判の悪いマイページもあるので気を付けてください。

ゆかりちゃん

マイページの更新頻度とかって公式サイトにはあまり書かれていないのよね。できればSNSとかで生の声をチェックしたいところだわ。

電源構成の開示

「再エネ50%」「火力50%」など、電力会社によっては電源構成を開示しています。環境への配慮が気になる方は、電源構成が開示されているかも確認しておきましょう。

公式サイトなどに「環境改善に取り組んでいます」といったことが書かれている電力会社も多いのですが、正直、電源構成が開示されていなければ信憑性に欠けます。

もちろん電源構成を開示していない=環境に配慮してない、とは言いませんが、自信があるなら具体的な構成を開示するはずですよね。

オール電化プランの有無

オール電化住宅に住む方はオール電化プランの有無もチェックしてください。というのも、オール電化の方が一般的なプランに加入してしまうと、電気代が大幅に高くなってしまう恐れがあります。

なお今回紹介した電力会社だと「エルピオでんき」「J:COM電力」などがオール電化プランを提供しています。

とおるくん

オール電化プランのある電力会社って少ないんだよね…。だからオール電化の人は選択肢が限られちゃうんだ。

キャンペーン

電力自由化が始まった今、各電力会社は少しでも多くのユーザーを取り入れようと必死です。

お得な料金プランやセット割だけでなく、Amazonギフト券などをプレゼントするキャンペーンを実施することも珍しくありません。

そんなキャンペーン期間を狙って電力会社を切り替えるのもありですね。

ゆかりちゃん

「抽選で〇〇をプレゼント!」みたいなキャンペーンもよく見るわね。基本は電力会社の切り替えが応募条件だから、意外と当選率は高いかも?

顧客対応

電話・メールといった顧客対応の良さも比較したい要素のひとつです。

これについてはSNSなどをチェックするのが早いでしょう。おそらく顧客対応に問題がある会社なら、SNSに悪評が溢れています。そういった会社はトラブルへの対応が遅れがちですので、なるべく避けた方がいいかもしれません。

まとめ

電力会社のおすすめランキングはいかがでしたか?

どの会社も特徴があって魅力的なのですが、中でも「エルピオでんき」は料金面で非常に優秀ですね。3人以上の家族であれば切り替えで年間2万円以上の節約になることも!

また、基本料金0円の「あしたでんき」などもお得になりやすいですね。もちろん「東京ガスの電気」「ソフトバンクのおうちでんき」などでセット割を活用するのもいいでしょう。

電力会社の切り替えは基本的に大規模な工事も費用も必要ありません。予想以上に簡単に切り替えできるうえ、かなりの金額を節約できることもありますので、ぜひぜひ切り替えを検討してみてください!